アスンシオン日本人会

パラグアイ、アスンシオン市にある日本人会の活動

日本人会主催の活動 日本語学校・文化教室

2022年度アスンシオン日本人会・日本語学校大運動会開催(2022年 6月19日)

コロナ禍にて3年ぶりとなる日本人会・日本語学校大運動会が、2022年6月19日(日)午前8時30分よりビリャ・エリサ総合運動場において開催されました。

 今年は、近年では珍しく寒さが長く続いており体調を崩している者も多いのか、また、父の日と重なったことにて例年より少ない参加者でした。例年参加いただいている日本パラグアイ学院などの招待校は不参加でした。

 日が昇るにつれ晴れ渡ってきましたが肌寒い中で開会式がはじまり、檜垣会長の挨拶、来賓の中谷日本国大使の挨拶に続き、前回の日本語学校部門優勝の紅組より優勝杯が返還されました。続いて紅組キャプテンと白組キャプテンが元気よく選手宣誓を行った後、高橋執行委員長より競技の説明があり、競技が始まりました。

 プログラム1番は、ラジオ体操で児童生徒だけでなく保護者や大会役員、参加している一般の方々も一緒に身体をほぐされていました。

 幼稚園児や小学低学年児童の徒競走では、元気に走る子の姿を写真に収める保護者の姿が例年同様にたくさん見られました。

 プログラムは、順調に進み日本語学校の競技では、恒例の玉入れや綱引き、THEリレーなど熱気が入り大きな掛け声が晴天に響き渡っていました。

 参加者集めの進行担当者は大変なようでしたが、一般の競技にも多くの方が参加して楽しまれていました。

 最後の年代別リレーでも、地区担当者が人集めに苦労していたようですが、競技が始まると大きな声援が響きわたり、盛り上がって楽しい運動会の締めの競技となりました、結果は女子の部がD地区、男子の部はB地区の勝利でした。

 今年の運動会も日本語学校の部は、紅組が優勝しました。

 閉会式のあと、みんなで片付けをして、無事に2022年度大運動会が幕を閉じました。

 大会役員、職員、青年部、日本語学校の教師、園児、児童生徒、そして保護者や一般の方々お疲れさまでした。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です