アスンシオン日本人会

パラグアイ、アスンシオン市にある日本人会の活動

福祉事業

パラグアイにおける新型コロナウイルス-02(賢い封鎖隔離 5月4日以降)

コロナウイルス現状・対策などのまとめです。

(在パラグアイ日本商工会議所)

世界の感染状況 (リアルタイム)

世界の新規感染者に関しては、3月中旬までは指数関数的に新規感染者が増加していましたが、各国で封鎖隔離等の対策が実施され、それ以降は毎日大体8千人程度になっています。

パラグアイの感染状況詳細 (英語)

https://en.wikipedia.org/wiki/COVID-19_pandemic_in_Paraguay

パラグアイ全国に広がり始めています。

日本の感染状況はこちらをご覧ください。

https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19

新型コロナウイルス感染症関連情報(5月4日以降の外出制限)(在パラグアイ日本国大使館)

●5月3日,パラグアイ政府は,5月4日から開始する外出制限の段階的解除の第1段階に関する大統領令(第3576号)を公布しました。外出制限の対象外とされる活動が拡大された一方で,ナンバーの末尾に基づく自動車の通行制限は継続されます。また,一定の条件の下で,屋外での個人の運動が許可されることとなっています。

1 段階的制限解除の第1段階の実施期間を5月4日から5月25日までとする。実施期間は厚生福祉省による専門的評価に基づいて変更されることがある。

2 第1段階の実施期間中,全ての住民は通常住んでいる住居又は現在滞在している住居内にとどまらなければならない。午前5時から午後9時の間に行われる食料品・医薬品・清掃用品の補給のための最低限で不可欠な外出のみ可能である。これらの外出において,ナンバーの末尾が1・3・5・7・9の自動車は月曜日・水曜日・金曜日・日曜日に,ナンバーの末尾が0・2・4・6・8の自動車は火曜日・木曜日・土曜日に限って走行できる。

3 次の活動及びサービスは,厳にその勤務時間に限って外出制限の対象外とする。

(1)立法及び行政機関の幹部,政府,県及び市当局関係者,外交団及び国際機関の関係者で,後回しできない業務に従事する者,公的・私的医療機関のサービス,医療機関の機能維持のための管理及び緊急対応,医療関係者,軍関係者,警察関係者

(2)障害者,高齢者,小児及び青年の援助を行わなければならない者

(3)メディア関係者

(4)スーパーマーケット,食料品店,薬局,食品・家庭用衛生用品・薬品の製造及び供給にかかる物流,緊急を要する獣医のサービス

(5)必要最低限の人数で行われる基本的サービス(水道,電気及び通信)の維持管理及び緊急対応

(6)遺体の扱いが定められた手順に基づいて行われる葬儀関連業務

(7)衛生対策を講じて行われる公共工事の実施及びその物流に関与する者

(8)換気された場所で行われる民間の基礎工事,建設工事,粗石積み工事及びその物流に関与する者

(9)デリバリーサービス,遠隔で接客するサービス(コールセンター)及び薬局。衛生対策を厳格に講じる全ての商店は,販売する商品の種類にかかわらず,デリバリーサービスによる販売ができる。

(10)医療機関等で発生した廃棄物の回収,運搬及び処理

(11)人の密集を避け,衛生対策を講じて営業される燃料販売所及びガスの配送

(12)銀行及び金融のシステムの機能を保証するために必要不可欠と中央銀行が判断する業務

(13)港,空港,河川船,海運などの物流や陸運貨物にかかる業務及び商品にかかる通関業務

(14)農牧業,養鶏業,漁業,林業の生産に関わる業務,及びこれらの業務に必要な物資・機械類の物流等の補助的サービス

(15)不可欠な警備,清掃,警護,宿泊のサービス

(16)次のような工場一般とその物流

・家庭用衛生用品,清掃用品,医療用資材の製造

・繊維製品,アパレル製品,革製品の製造

・木製製品,家具,紙製品の製造

・金属製品,プラスティック製品,陶磁器,セメント,ガラス製品の工場

・印刷工場

・機械製品及び自動車製品の工場

・工場及び作業場の維持管理

・粗石積み

(17)住居に赴いて行われるサービス:衛生対策を講じて顧客の住居で実施できる全てのサービス及び集金。医療従事者については,厚生福祉省が定める規則に基づいたもの。

これら例外とされる活動をする者及び企業においても,厚生福祉省及び労働省が指示する衛生上の対策を最大限講じなければならない。

また,緊急の医療サービス及び地域住民のために不可欠なサービスを除き,18歳未満の者及び60歳以上の者をこれらの業務に従事させてはならない。

4 公共交通機関は,公共事業通信省が管理する。公共交通機関の車内では,マスクの着用を義務とする。

5 検問における供述や提示された書類は法的な責任を伴う。

6 医療サービスや地域社会に不可欠なサービスに関連する者を除き,国家公務員の勤務時間は月曜日から金曜日の午前8時から午後3時までとし,各行政機関の幹部が定めるサービス提供のために必要な人数を維持して行われるものとする。

7 個人の運動(ウォーキング及びジョギング)は次の条件に基づき許可される。

(1)自宅の周囲500メートル以内の屋外で行われる個人的な運動は全ての者に許可される。

市政府や国の機関が設置し,入場管理を行っている公園の利用は次のとおりとする。

・午前5時から午前8時30分は,60歳以上の者が利用する。

・午前9時から午後7時は,10歳から59歳の者が利用する。ただし,1日につき2時間までとする

(2)市や国の機関が,屋外のスペース又は公園の利用者を60歳以上の者に限定できる場合は,当該スペースの利用時間を午前6時から午後7時までに延長できる。

(3)未成年者1人につき,大人(1人のみ)が付き添わなければならない。他の未成年者との交流を避け,個人の運動に限定しなければならない。

(4)補助者が必要な60歳以上の者及び障害者には,大人1名が付き添うことができる。

(5)スポーツ選手は,厚生福祉省により事前に認められた方法に基づいてオリンピック委員会の施設でスポーツ庁に認められた個人練習を行うことができる。

(6)幼児用遊技スペース,グラウンド,トレーニング器具,ベンチなどの公共施設の利用は禁止される。公園,広場等の屋外の公共施設の管理者は施設への入場を禁止しなければならない。

8 各市政府に対して,個人の運動が許可されている時間帯において,市民が人との物理的な距離が保てるよう,一部の道路を歩行者専用にするなど,広場や公園以外の屋外スペースを開放することを要請する。

9 公共の公園・広場・屋外娯楽施設を管理する機関は,この大統領令の定めに従って施設の使用に関する指針を通知するものとする。

10 ソーシャルクラブやスポーツクラブは引き続き休業とする。

11 密閉した空間,公道,感染防止のための物理的な距離が保てない空間におけるマスクの着用を義務とする。

12 教育科学省は,栄養補助食品の提供を調整し,そのために必要となる教職員を招集する。

13 これら衛生上の措置を履行しない者は関連法令に基づいて罰せられる。

新たに19人の感染を確認、感染者数は415人(2020年 5月 4日
349件を処理し19人が陽性、全員がブラジルからの帰国者で隔離中。7人が入院しており、新たに4人が回復し回復者は総計130人。 感染者数総数:415人

新たに1人の感染を確認、感染者数は431(2020年 月 5日
458件を処理し16人が陽性、全員がブラジルからの帰国者で隔離施設にいます。7人が入院しており新たに5人が回復し回復者は総計135人。 感染者数総数:431人

新たに9人の感染を確認、感染者数は440人(2020年 月 6日
584件を処理し9人が陽性、8人はブラジルからの帰国者で隔離中、1人は感染者の濃厚接触者。9人が入院。新たに7人が回復し回復者は総計143人。 感染者数総数:440人

新たに22人の感染を確認、感染者数は462人(2020年 5月 7日)
599件を処理し22人が陽性、15人は外国からの帰国者(13人はブラジル、2人は他の国からで隔離中)4人は感染者の濃厚接触者、3人は感染経路不明。8人が入院しており、新たに6人が回復し回復者は総計148人。 感染者数総数:462人

新たに101人の感染を確認、感染者数は563人(2020年 5月 8日)
750件を処理し101人が陽性、98人は外国から(97人はブラジルからの帰国者、1人は欧州からで隔離中)2人は感染者の濃厚接触者、1人は感染経路不明。7人が入院しており、新たに4人が回復し回復者は総計152人。 感染者数総数:563人

新たに126人の感染を確認、感染者数は689人(2020年 月 9日
800件を処理し126人が陽性、124人は外国から(全員がブラジルからの帰国者で隔離中)1人は感染者の濃厚接触者、1人が感染経路不明。10人が入院しており、新たに3人が回復し回復者は総計155人。 感染者数総数:689人

連日の100人超え、ほぼ全員がブラジルからの帰国者。感染防止の意識が乏しく入国する際には半数以上が感染。ブラジルでは検査が追い付いていないだけで感染拡大、特にサンパウロは相当に広がっているのかも知れません。

新たに24人の感染を確認、感染者数は713人(2020年 5月10日)
800件を処理し24人が陽性、22人は外国から(全員がブラジルからの帰国者で隔離中)1人は感染者の濃厚接触者、2人が感染経路不明。9人が入院しており、新たに10人が回復し回復者は総計165人。 感染者数総数:713人

新たに11人の感染を確認、感染者数は724人(2020年 5月11日)
709件を処理し11人が陽性、全員がブラジルからの帰国者で隔離されています。10人が入院し、新たに5人が回復し回復者は総計170人。 感染者数総数:724人

新たに13人の感染を確認、感染者数は737人(2020年 12
762件を処理し13人が陽性、全員ブラジルからの帰国者、10人が入院。新たに3人が回復し回復者は総計173人。 感染者数総数:737人

新たに3人の感染を確認、感染者数は740人(2020年 13
672件を処理し3人が陽性、全員が外国からの帰国者で隔離されています。1人が死亡(累計で11人)、9人が入院。新たに9人が回復し回復者は総計182人。 感染者数総数:740人

新たに14人の感染を確認、感染者数は754人(2020年 14
595件を処理し14人が陽性、12人が外国からの帰国者で隔離されています。1人が感染者の濃厚接触者、1人が感染経路不明、8人が入院。新たに2人が回復し回復者は総計184人。 感染者数総数:754人

新たに5人の感染を確認、感染者数は759人(2020年 5月15日)
672件を処理し5人が陽性、全員が外国からの帰国者で隔離されています。7人が入院。新たに9人が回復し回復者は総計193人。 感染者数総数:759人

新たに19人の感染を確認、感染者数は778人(2020年 5月16日)
452件を処理し19人が陽性で18人は外国からの帰国者で隔離、1人が感染者の濃厚接触者。7人が入院。新たに5人が回復し回復者は総計198人。 感染者数総数:778人

新たに8人の感染を確認、感染者数は786人(2020年 5月17日)
816件を処理し8人が陽性で全員が外国からの帰国者で隔離、7人が入院。新たに4人が回復し回復者は総計202人。 感染者数総数:786人

海外滞在の日本人7人が死亡 外務省 新型コロナウイルス (NHK)
新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大する中、海外に滞在している日本人のうち、これまでに7人がウイルスに感染して死亡していたことが分かりました。外務省領事局の担当者が15日、衆議院外務委員会で明らかにした内容によりますと、海外に滞在している日本人のうち、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、これまでに93人に上るということです。このうち7人が死亡していたということです。外務省は、これらの日本人がどの国や地域で感染して死亡したのかは、個人の特定につながるとして、明らかにしていません。

新たに2人の感染を確認、感染者数は788人(2020年 5月18日)
305件を処理し2人が陽性で二人とも外国からの帰国者で隔離、7人が入院。新たに17人が回復し回復者は総計219人。 感染者数総数:788人

新たに4人の感染を確認、感染者数は829人(2020年 19
692件を処理し41人が陽性で全員が外国からの帰国者で隔離、5人が入院。新たに11人が回復し回復者は総計230人。 感染者数総数:829人

新たに人の感染を確認、感染者数は833(2020年 月20日
421件を処理し4人が陽性で全員が外国からの帰国者で隔離、7人が入院。新たに12人が回復し回復者は総計242人。 感染者数総数:833人

新たに`3人の感染を確認、感染者数は836人(2020年 5月21日)
445件を処理し4人が陽性で1人は外国からの帰国者で隔離、2人は感染者の濃厚接触者8人が入院。新たに14人が 退院・療養解除 し 退院・療養解除者は総計256人。 感染者数総数:836人

新たに2人の感染を確認、感染者数は838(2020年 22
881件を処理し2人が陽性で全員が外国からの帰国者で隔離、7人が入院。新たに8人が回復し回復者は総計264人。 感染者数総数:838人

外出制限の段階的解除第2段階に移行(在パラグアイ日本国大使館)

5月21日,パラグアイのアブド・ベニテス大統領は,5月25日から外出制限の段階的解除第2段階に移行することを発表しました。厚生福祉省の発表によれば,第2段階は5月25日から6月15日まで実施され,現在認められている活動に加えて,新たに次の活動を行うことが認められます(大統領令の公布をもって正式決定となります。)。
・商業施設(ショッピングモールを含む)
・民間工事(全ての工程)
・企業,一般事務(出勤者は全職員数の50%まで)
・文化,芸術分野(稽古,リハーサル,無観客での上演)
・プロスポーツ選手(個人練習)
・会員制クラブ,私有公園(個人の運動)
・宗教行事(洗礼,婚姻及び各宗教のこれらに準ずる儀式,参加者は10名まで)
・60歳以上の者に対する年齢制限の対象を65歳以上の者に変更

新たに12人の感染を確認、感染者数は850人(2020年 5月23日)
937件を処理し12人が陽性で11人が外国からの帰国者で隔離、1人が感染経路不明。7人が入院、新たに34人が回復し回復者は総計298人。 感染者数総数:850人

新たに12人の感染を確認、感染者数は862(2020年 24
1007件を処理し12人が陽性で11人が外国からの帰国者で隔離、1人は感染者の濃厚接触者。7人が入院、新たに9人が回復し回復者は総計307人。 感染者数総数:862人

新たに3人の感染を確認、感染者数は865(2020年 25
404件を処理し3人が陽性で全員が外国からの帰国者で隔離。7人が入院、新たに37人が回復し回復者は総計344人。 感染者数総数:865人

新型コロナウイルス感染症関連情報(5月25日以降の外出制限に関する大統領令の公布等)(在パラグアイ日本国大使館)(2020年 25

●5月24日,パラグアイ政府は,5月25日から開始する外出制限の段階的解除第2段階に関する大統領令(第3619号)を公布しました。外出制限の対象外とされる活動が拡大され,ナンバーの末尾に基づく自動車の通行制限に関する規定がなくなるなどの変更がありました。大統領令の概要は次のとおりです。

1 段階的制限解除の第2段階の実施期間を5月25日から6月14日までとする。実施期間は厚生福祉省による専門的評価に基づいて変更されることがある。

2 第2段階の実施期間中,市民は,本大統領令に定める活動を行う場合に,午前5時から午後9時の間に限って外出することができる。

3 本大統領令の発効後は,次の活動及びサービスを行うことができる。

(1)政府関係機関,国際機関,外交団の後回しできない固有の職務

(2)公的及び民間の医療サービス,医療機器及び病院の維持管理や修理

(3)軍及び警察

(4)障害者,高齢者,小児及び青年の援助

(5)マスメディア

(6)不可欠な商売(スーパーマーケット,食料品店,薬局)及び食料品,家庭用衛生用品,薬品の供給及び製造のための物流。

(7)その他の商売の営業時間は午前10時から午後7時とする。フードコート,レストラン,遊戯場,待合スペース,ベンチ,試着室,その他類似の施設は使用できない。サービスを提供するために,顧客が店舗内に30分以上滞在することが求められる店舗は,あらかじめサービスを提供する日時を定め,顧客の個人情報(氏名,身分証明書,住所,電話番号)を記録しなければならない。この個人情報は,新型コロナウイルスの陽性者が発生した場合に,厚生福祉省が接触者を追跡するために使用される。飲食店は,店舗内に顧客を滞在させず,持ち帰り又はデリバリーのみで営業しなければならない。

(8)獣医

(9)必要最低限の人数で行われる基本的サービス(水道,電気及び通信)の維持管理及び修理

(10)遺体の扱いが定められた手順に基づいて行われる葬儀関連業務

(11)衛生対策を講じて行われる公共工事の実施及びその物流

(12)衛生対策を講じて行われる民間工事の実施及びその物流

(13)デリバリー,遠隔で接客するサービス(コールセンター)及び薬局。衛生対策を厳格に講じる全ての商店は,販売する商品の種類にかかわらず,デリバリー及び持ち帰りによる販売ができる。

(14)医療機関等で発生した廃棄物の回収,運搬及び処理

(15)人の密集を避け,衛生対策を講じて営業される燃料販売所及びガスの配送

(16)銀行及び金融のシステムの機能を保証するために必要不可欠と中央銀行が判断する業務

(17)港,空港,河川船,海運などの物流や陸運貨物,及び商品にかかる通関業務

(18)農牧業,養鶏業,漁業,林業の生産に関わる業務,及びこれらの業務に必要な物資・機械類の物流等の補助的サービス

(19)不可欠な警備,清掃,警護,宿泊のサービス

(20)公立・私立の教育機関の教員は,遠隔授業を実施するために必要な設備及び機器類を使用するために,いずれの教育課程の校舎にも移動することができる。対面授業は,引き続き中止とする。

(21)法務省の規定及び厚生福祉省が定める衛生対策に基づいた刑務所又は少年院収容者への親族の面会

(22)工場一般とその物流

(23)住居に赴いて行われるサービス:衛生対策を講じて顧客の住居で実施できる全てのサービス及び集金。医療従事者については,厚生福祉省が定める規則に基づいたもの

(24)交替制により,出勤者を全職員数の50%までとした企業,一般事務

上記の活動及びサービスに従事する個人及び法人は,厚生福祉省及び労働省が指示する衛生上の対策を最大限講じなければならない。

また,緊急の医療サービス及び地域住民のために不可欠なサービスを除き,65歳以上の者をこれらの業務に従事させてはならない。

4 公共交通機関は,公共事業通信省が管理する。公共交通機関の車内では,マスクの着用を義務とする。

5 未成年者は,運動(下記8)及び緊急の医療サービスを受ける場合に限って外出することができる。未成年者が,通常住んでいる場所に戻らなければならない場合や,一時的に他の場所に住まなければならない場合は,成人の家族1名が同行しなければならない。未成年者が住居に移動する場合は,各県の幼児少年庁,市の児童青少年権利相談室等で証明書を申請しなければならない。未成年者が両親のいずれか,又は同居していない親族の住居に移動する場合は,裁判所の判決に基づいて行うことができる。

6 午前5時から午後9時の時間外に勤務する者は,緊急の場合を除き,それを証明し,正当化する書類を携行しなければならない。

7 医療サービスや地域社会に不可欠なサービスに関連する者を除き,国家公務員の勤務時間は月曜日から金曜日の午前8時から午後3時までとし,各行政機関の幹部が定めるサービス提供のために必要な人数を維持して行われるものとする。

8 個人の運動は次の条件に基づき許可される。

(1)自宅の周囲500メートル以内の屋外で行われる個人的な運動は全ての者に許可される。

市政府や国の機関が許可し,入場管理を行っている公営・私営の公園は次のルールに従って利用できる。

・午前5時から午前10時は,65歳以上の者が利用する。

・午前10時30分から午後8時は,10歳から64歳の者が利用する。ただし,1日につき2時間を上限とする

(2)市や国の機関が,屋外のスペース又は公営・私営の公園の利用者を65歳以上の者に限定できる場合は,当該スペースの利用時間を午前5時から午後7時までに延長できる。

(3)未成年者による屋外のレクレーションには,少なくとも成人1名が付き添わなければならない。近親の未成年を除き,他の未成年者との交流を避け,体の運動に限定しなければならない。

(4)補助者が必要な65歳以上の者及び障害者には,成人1名が付き添うことができる。

(5)幼児用遊技スペース,グラウンド,トレーニング器具,ベンチなどの公共施設の利用は禁止される。これらの管理団体は入場を禁止しなければならない。

9 各市政府に対して,個人の運動が許可されている時間帯において,市民が人との物理的な距離が保てるよう,一部の道路を歩行者専用にするなど,広場や公園以外の屋外スペースを開放することを要請する。

10 公営・私営の公園・広場・屋外娯楽施設を管理する機関は,この大統領令の定めに従って施設の使用に関する指針を通知するものとする。

11 ソーシャルクラブやスポーツクラブは,個人の運動のみに使用される屋外スペースを持つ場合に限って,厚生福祉省が事前に許可する衛生対策に基づいて営業することができる。その他のスペースは引き続き閉鎖する。

12 高レベルのスポーツ選手や国の代表選手は,スポーツ庁が認定する連盟の許可を得て,個人練習を行うことができる。個人練習は,厚生福祉省により事前に認められた衛生対策を講じ,練習の実施を許可された場所で行うことができる。

13 文化・創作分野の活動や稽古については,遠隔での活動,デジタル技術の使用を優先し,各活動のために文化庁が定め,厚生福祉省が許可した方策を遵守しながら,無観客で行うことができる。文化庁は,県・市政府の協力の下,これらの活動の実施場所を確認する責任がある。文化・創作分野において許可される活動は次のとおり。

・演劇,ダンス,サーカス等の上演

・音楽コンサート及びフェスティバル

・絵画等の芸術作品,手工芸品,博物館の所蔵物等の展示

・図書館,博物館

・ホール,講堂での興行

・ホールでのリハーサル(音楽公演,演劇,ダンス等)

・音楽や映像の編集,録音,録画スタジオ

・映像作品の制作

・手工芸品の作業場

・大統領令及び厚生福祉省に認められた衛生対策を遵守し,私的行事のために住居に赴いて行われる文化的サービス

14 洗礼,婚姻及び各宗教のこれらに準ずる宗教行事は,厚生福祉省による事前に許可された衛生対策を講じ,10名を限度とする最小限の参加者で行われなければならない。これらの行事の責任者は,あらかじめ実施日時を定め,参加者の個人情報(氏名,身分証明書,住所,電話番号)を記録しなければならない。この個人情報は,新型コロナウイルスの陽性者が発生した場合に,厚生福祉省が接触者を追跡するために使用される。

15 密閉した空間,公道,感染防止のための物理的な距離が保てない空間におけるマスクの着用を義務とする。

16 教育科学省及び少年児童省は,栄養補助食品の提供を調整し,そのために必要となる教職員を招集する。

17 これら衛生上の措置を履行しない者は関連法令に基づいて罰せられる。

新たに12人の感染を確認、感染者数は877(2020年 26
953件を処理し12人が陽性で全員が外国からの帰国者で隔離。8人が入院、新たに38人が回復し回復者は総計382人。 感染者数総数:877人

新たに12人の感染を確認、感染者数は877(2020年 27
591件を処理し7人が陽性で全員が外国からの帰国者で隔離。8人が入院、新たに10人が回復し回復者は総計392人。 感染者数総数:884人

新たに16人の感染を確認、感染者数は900人(2020年 28
665件を処理し16人が陽性で5人が外国からの帰国者、9人が感染者の濃厚接触者で2人が感染経路不明で全員が隔離。8人が入院その内の1人が集中治療室。新たに10人が回復し回復者は総計402人。 感染者数総数:900人

新たに17人の感染を確認、感染者数は917人(2020年 29
912件を処理し17人が陽性で6人が外国からの帰国者、5人が感染者の濃厚接触者で6人が感染経路不明で全員が隔離。9人が入院その内の1人が集中治療室。新たに11人が回復し回復者は総計413人。 感染者数総数:917人

  • 今までほとんど存在しなかった「感染経路不明」の新規感染者が6人出ました。徐々に市中感染が広がっているのかも知れません。

新たに47人の感染を確認、感染者数は964人(2020年 5月30日)
816件を処理し47人が陽性で25人が外国からの帰国者、20人が感染者の濃厚接触者で2人が感染経路不明で全員が隔離。9人が入院その内の2人が集中治療室。新たに53人が回復し回復者は総計466人。 感染者数総数:964人

(アブド大統領のコメント)

私たちは厚生大臣、内務大臣と共に現在進めている賢い隔離を評価しています。 段階を進めて行けるかは私たち一人一人にかかっています。 お互いに注意し合い責任ある行動を取りましょう。私たち皆で築き上げて来た全てを失わないように。

新たに47人の感染を確認、感染者数は986人(2020年 月31日
851件を処理し22人が陽性で17人が外国からの帰国者、4人が感染者の濃厚接触者で1人が感染経路不明で全員が隔離。9人が入院その内の2人が集中治療室。新たに11人が回復し回復者は総計477人。 感染者数総数:986人

新たに9人の感染を確認、感染者数は995人(2020年 6月 1日)
830件を処理し9人が陽性で2人が外国からの帰国者、7人が感染者の濃厚接触者で全員が隔離。10人が入院その内の2人が集中治療室。新たに11人が回復し回復者は総計488人。 感染者数総数:995人

新たに18人の感染を確認、感染者数は1013人(2020年 6月 2日
1272件を処理し18人が陽性で15人が外国からの帰国者、3人が感染者の濃厚接触者で全員が隔離。10人が入院その内の2人が集中治療室。新たに10人が回復し回復者は総計498人。 感染者数総数:1013人

  • 感染者が累計で千人を超えました。

新たに57人の感染を確認、感染者数は1070人(2020年 6月 3日)
975件を処理し57人が陽性で39人が外国からの帰国者、10人が感染者の濃厚接触者、8人が感染経路不明で全員が隔離。13人が入院その内の2人が集中治療室。新たに13人が回復し回復者は総計511人。 感染者数総数:1070人

※ 次第に感染者が増加、特に感染経路不明の人が増え始めています。

10%以上の帰国者が陽性 (ウルティマ・オーラ)

隔離封鎖を行って以降、約5,300人のパラグアイ人が帰国し、感染拡大を抑えるため利用可能なホテルなどで隔離しています。フェデリコ・ゴンザレス厚生省国際担当官によると、このうち10%以上にあたる775人がCovid-19で陽性反応を示したと述べました。

新たに16人の感染を確認、感染者数は1086人(2020年 6月 4日)
1159件を処理し16人が陽性で8人が外国からの帰国者、6人が感染者の濃厚接触者、2人が感染経路不明で全員が隔離。12人が入院その内の2人が集中治療室。感染者数総数:1086人

新たに1人の感染を確認、感染者数は1087人(2020年 6月 5日)
1018件を処理し1人が陽性で感染者の濃厚接触者で隔離。10人が入院その内の2人が集中治療室。新たに5人が回復し回復者は総計516人。 感染者数総数:1087人

マッソレーニ厚生大臣はこの24時間、1018件を処理して陽性は濃厚接触者1人だけであったと述べた。しかしながらこの一週間で市中で感染した人は濃厚接触者並びに感染経路不明で70人に上っており、「賢い隔離」は危ない状況で第三段階に進めるのを1週間遅らせる事を検討していると示唆した。

新たに3人の感染を確認、感染者数は1090(2020年 月 6日
1115件を処理し3人が陽性で1人が外国からの帰国者、2人が感染者の濃厚接触者で全員が隔離。10人が入院その内の2人が集中治療室。新たに16人が回復し回復者は総計532人。 感染者数総数:1090人

新たに45人の感染を確認、感染者数は1135人(2020年 6月 7日)
1159件を処理し45人が陽性で6人が外国からの帰国者、39人が感染者の濃厚接触者で全員が隔離。8人が入院その内の2人が集中治療室。新たに43人が回復し回復者は総計575人。 感染者数総数:1135人

マッソレーニ厚生大臣のコメント
25人の陽性の人の中で、10人は無症候性です。 特に若い人の場合では、この10人のうち1人だけが症状を発症します。 注意して下さい、両親と祖父母を守りましょう。 距離を保ち、手を洗い、マスクを着用してください。

新たに10人の感染を確認、感染者数は1145人(2020年 6月 8日)
1410件を処理し10人が陽性で7人が外国からの帰国者、2人が感染者の濃厚接触者1人が感染経路不明で全員が隔離。8人が入院その内の2人が集中治療室。新たに28人が回復し回復者は総計603人。 感染者数総数:1145人

新たに42人の感染を確認、感染者数は1187人(2020年 6月 9日)
1090件を処理し42人が陽性で1人が外国からの帰国者、38人が感染者の濃厚接触者3人が感染経路不明で全員が隔離。8人が入院その内の2人が集中治療室。新たに1人が回復し回復者は総計604人。 感染者数総数:1187人

新たに15人の感染を確認、感染者数は1202(2020年 月10日
1670件を処理し15人が陽性で11人が外国からの帰国者、4人が感染者の濃厚接触者で全員が隔離。9人が入院その内の2人が集中治療室。新たに15人が回復し回復者は総計619人。 感染者数総数:1202人

マッソレーニ厚生大臣は、最近の新型コロナウイルス検査結果で得られた結果は「良い方向」とコメント、これにより「賢い隔離・段階3」に進むことができると述べました。予定とおり 6月15日月曜日に始まります。

新型コロナウイルス感染症関連情報(パラグアリ県に関する厚生福祉省声明)(在パラグアイ日本国大使館)

◎パラグアイ厚生福祉省は,パラグアリ県及び同県サン・ロケ・ゴンサレス・デ・サンタ・クルス市における新型コロナウイルスの感染状況に鑑み,同県及び同市での行動に関する推奨事項を発表しました。

◎当館では,パラグアイ滞在中の日本人の状況調査を進めています。短期滞在者の方々におかれては,下記を御参照の上,当館までお知らせください(報告済みの方を除く)。

◎在留邦人及びパラグアイに渡航される皆様におかれましては,引き続き関連情報の収集及び感染予防に努めてください。

◎万が一,日本人の方が新型コロナウイルスに感染された場合は,当館までご連絡ください。

●6月9日,パラグアイ厚生福祉省は,パラグアリ県及び同県サン・ロケ・ゴンサレス・デ・サンタ・クルス市(アスンシオン市とエンカルナシオン市を結ぶ国道1号線上に所在)における新型コロナウイルスの感染状況に鑑み,国及び各自治体の関係当局に対して下記2点を推奨する声明を発表しました。

1 パラグアリ県サン・ロケ・ゴンサレス・デ・サンタ・クルス市においては,今後14日間,段階的解除開始前の外出制限(大統領令第3564号)に基づいた処置をとること。

2 パラグアリ県においては,今後14日間,現行の外出制限(段階的解除第2段階:大統領令第3619号)を維持し,同県に通じる地点での交通規制を厳格化すること。

新たに28人の感染を確認、感染者数は1230人(2020年 6月11日)
1590件を処理し28人が陽性で18人が外国からの帰国者、10人が感染者の濃厚接触者で全員が隔離。11人が入院その内の2人が集中治療室。新たに5人が回復し回復者は総計624人。 感染者数総数:1230人

新型コロナウイルス感染症関連情報(615日以降の外出制限等)在パラグアイ日本国大使館)

◎パラグアイ政府は,コンセプシオン県及びパラグアリ県を除いて,6月15日から外出制限の段階的解除第3段階に移行することを発表しました。

◎当館では,パラグアイ滞在中の日本人の状況調査を進めています。短期滞在者の方々におかれては,下記を御参照の上,当館までお知らせください(報告済みの方を除く)。

◎在留邦人及びパラグアイに渡航される皆様におかれましては,引き続き関連情報の収集及び感染予防に努めてください。

◎万が一,日本人の方が新型コロナウイルスに感染された場合は,当館までご連絡ください。

●6月11日,パラグアイのマッソレーニ厚生福祉大臣は,コンセプシオン県及びパラグアリ県を除いて,6月15日から外出制限の段階的解除第3段階に移行することを発表しました。厚生福祉省の発表によれば,第3段階は,新たに次の活動を行うことが認められます(大統領令の公布をもって正式決定となります。)。

・飲食店(来客の時間を調整し,適切な衛生対策を講じた上で営業できる。1テーブルにつき6人までの家族や仕事上の食事に限る。)

・高等教育機関(人数を制限した上で実施する試験,論文の口頭試問,実技及び実験の授業)

・2人で接触せずに屋外で行う運動

・スポーツジム等(利用者の時間調整が必要)

・会員制クラブの屋外の運動施設

・ドライブインシアター等の物理的距離を保つことができる文化施設

・20人までの人数で行う宗教行事

現在の新型コロナウイルスの感染状況に鑑み,コンセプシオン県及びパラグアリ県では,6月15日以降も現行の外出制限が継続されます。また,パラグアリ県サン・ロケ・ゴンサレス・デ・サンタクルス市においては,段階的解除開始前の外出制限が実施されます。

新たに24人の感染を確認、感染者数は1254人(2020年 6月12日)
1840件を処理し24人が陽性で18人が外国からの帰国者、6人が感染者の濃厚接触者で全員が隔離。10人が入院その内の2人が集中治療室。新たに9人が回復し回復者は総計633人。 感染者数総数:1254人

新たに人の感染を確認、感染者数は1261(2020年 13

1476件を処理し7人が陽性で1人が外国からの帰国者、6人が感染者の濃厚接触者で全員が隔離。9人が入院その内の2人が集中治療室。新たに14人が回復し回復者は総計647人。 感染者数総数:1261人

新たに28人の感染を確認、感染者数は1289人(2020年 6月14日)
1473件を処理し28人が陽性で14人が外国からの帰国者、14人が感染者の濃厚接触者で全員が隔離。9人が入院その内の2人が集中治療室。新たに3人が回復し回復者は総計650人。 感染者数総数:1289人

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です